親との関係

認知症になると我慢できなくなる!?離婚せずに頑張ってきた父が80歳手前で家出

もうすぐ80歳、認知症で要介護1の父が、母と離婚したいと言って家出しました。

動画でご覧になりたい方は、こちらからどうぞ(本文と同じ内容です)
動画のタイトルまたは、YouTubeのロゴ(見る)をタップ(クリック)すると、YouTubeへジャンプできます。

動画内でご紹介した 両親と同居することになった経緯のお話
【55歳・シングル】│両親の老後を心配した私はバカみたい。母が私と戦って守ったものとは? 

父が「離婚したい」と言って家出してきました

こんにちは、かすみです。

もう3年前になりますが、父が母と離婚すると言って私の家に来ました。
その時父は80歳目前、認知症で要介護1。

車で20分、電車とバスを乗り継いだら1時間ほどかかる私の家に、父がどうやってたどり着いたのかは覚えていないのですが、父がそういう理由で家出したのは、2回目でした。

1回目の家出は、父の弟の家を目指して、電車で向かっている途中でわからなくなり、たどり着けず、おまわりさんがタクシーに乗せてくれて帰ってきたのでした。

その時は、姪、つまり父の弟の娘、私の従妹ですね、
その子に会いに行ったようです。

なんでも、その子が以前、父に
「いつでも来てね」
って言ったから、「離婚したらその子の世話になるんだ」ということで向かったそうです。

いや、ただの社交辞令だし(笑)

なんで私でなくて姪?
と思いましたが、父は、昔から私に醜い夫婦喧嘩を見せてきたことの負い目なのか、ただかわいがってくれていたからなのかわかりませんが、私のことを大事にしてくれていて、私には心配も世話もかけたくないという想いが強かったみたいです。

とにかく、私が何かしてあげると言うと絶対、「いいからいいから」といって断るし、どうしても世話になるしかないって時には、半分泣いていたってこともありました。

あれは、どんな状況だったんだか、もう覚えていません。

そういうわけで、私の世話にはならないように、以前優しくしてくれた姪のところへ向かっていたわけなんですね。

2回目の家出の時も、私の家にいながらも、
『姪が「いつでも来てね」って言ってたから離婚したら姪と一緒に暮らす。』
と言っていました。

認知症だから仕方がないんですが、離婚したら誰かの世話になるって…どうよ?
って感じですよね。

80歳目前で年金暮らしで認知症のおじいちゃんになってから離婚なんて、どう考えても現実的ではありません。

だから若いうちに離婚しとけって言ったのに・・・

両親が喧嘩ばかりしながらも離婚しなかった理由

私が小学生の頃から…もしかしたら、もっと前からかもしれませんが、両親は日常的にケンカをしていました。

父の小遣いが少ないとか、子どもの遊び相手をしろだとか、日常会話、一挙手一投足全てがケンカの種という感じでした。

どっちもどっちなんですが、どちらかというと、母のほうが論点をすり替える名人でした。
子どもの目から見ても2人の会話が噛み合っていなくて平行線なのはわかります。

はっきり言って時間とエネルギーの無駄です。

大声で怒鳴り合っているくせに、私が「やめてよ」と言って顔を出すと、
「子どもの前でケンカしないでよ」
と、母が父に言って、自分を正当化するんですね。

で、後からふたりが別々に、私にお互いの悪口を言うといった感じでした。
伝書鳩係も年中やっていました。

「2人が機嫌よくできるなら離婚したら?」
「私はどっちにもついていかない。施設に入る」
とよく言っていました。

まぁ、当然でしょうけど
「あんたたちのために離婚はできない。
 片親になったらまともな就職も結婚もできない」
というのがお決まりでした。

そういう時代の人ということもあったでしょうし、離婚する勇気がないから、言い訳にされていたというのもあったと思います。

私の我慢はいったい何だったんだ?

両親がケンカしているリビングにあるこたつに潜って静かに泣いていたこともありますし、いつケンカが始まるかもしれないと思うと、両親が眠りにつくのを見届けるまで眠れないということもよくありました。

私が中2くらいの時、いつにもましてひどい怒鳴り声がして、リビングに行くと、父が母をボコボコに殴っていました。

ちょうどその瞬間を見てしまったので、父が慌てて
「お母さんが包丁を投げてきたから」
と、言い訳をしました。

母はそれから言葉にならない声でギャーギャー喚き散らした後、なんとか落ち着いてその夜はおさまり、翌日見ると、母の前歯が折れていました。

いやー、なかなかの惨劇でしたが、離婚しないっていうし、こちらはどうしようもないですよね。

私はオロオロしていましたが、弟なんて、自分の部屋から出てきもせず、無視でした。

まぁ、弟は小さい頃から母の虐待の対象だったので、早いうちから見限っていたのだと思います。

で、そんなことがあってから1年もしないうちに、母が妊娠したんですよね。

母の身体の事情で産めなくて、そのために母は何日か入院することになりました。

それについての説明は、私達子供にはいっさいありませんでしたので、あくまでこれは、私が色々な状況から推測したってだけです。
あえてこちらから聞くこともしませんでした。

秘密にしていたつもりかもしれませんが、退院してから、お寺さんがどうのこうの言っていたので、まぁ、だいたいわかりますよね。

しばらくして、母のたんすに位牌があって、そこに「児」という字があったので、そこで確信しました。

入院したこととか、内緒にしていたこととか、位牌を見たこととか…
私がショックだったのはそういうことではありません。

あれだけのケンカで、
殴ったよね!
包丁飛んだよね!
歯が折れたよね!

で、私、めっちゃ怖かったし心配したよね!

で? 妊娠するなよ!!

と思いました。

なんなん? て。

でもね、これも、もしかしたら、父の子じゃなかったかも…って可能性もありますよね。

母は父からの仕送りで悠々自適な別居

そんな感じの両親ですが、父が週の半分単身赴任だったこともあり、なんやかんや私が結婚するまでダラダラと夫婦をしていました。

その後、母が家を出て関西で家政婦をしながら一人暮らしを始めました。
一人で稼いで頑張っていると言っていました。

「離婚する、慰謝料2000万円を一括で払え」
と言っていた母が、家を出て自分で稼いで生き生き生活していたので、ちょっと見直したところもあったんですが、最近父の通帳をこっそり見る機会があって、母に毎月20万円を10年間振り込んでいたのを知り、ここでもまた裏切られた気分で、ガッカリしました。

父が現役引退することになり、そんな生活もできなくなるので、また一緒に暮らすことになったんです。

それについては前の投稿でお話しているので、そちらをご覧ください。
両親の老後を心配した私はバカみたい。母が私と戦って守ったものとは?

認知症になって止められなくなった!?

一緒に暮らすことになったタイミングで、私の離婚が決まり、7年間両親と私と息子たちは同居したわけなんですが、父の家出は、その同居していた家から私たちが出て3人で生活するようになってから3~4年経った頃かと思います。

「あんたたちが出て行ったからお父さんがボケてきた」
と、母は言っていましたが、母のわけのわからない話を聞こえないふりして
耐えていたからではないかと私は思っています。

時々母は父のことを叩くんだと、父が言っていましたが、それも認知症になってからのことなので本当のところはわかりません。

ただ、弟が昔殴られていたことを思うと、ありえない話ではないなと思っています。

そういうわけで、今さらながら離婚したいと言って来た父ですが、私の家に来たいわけではなく、どうしても姪のところへ行きたいらしく、無理に私の家に連れてきても、姪を求めてまた家出するのは目に見えているし、母の年金だけでは、母も今の家には住めないし、もう、このまま2人でいてもらうしかないんです。

これまでずっと我慢して離婚せずに来たのに、認知症になると耐えられなくなるんでしょうか。正直な気持ちが出てきてしまったんでしょうね。悲しくなります。

私の家にいる間中、父は
「早く姪のところへ連れて行ってくれ」
「ほんとに離婚するからお母さんに言ってくれ」
などと、ずっと言っていて、家に送り返そうとすると怒るんですよね。

父の弟にヘルプに来てもらって、夜まで時間を潰して、なんとかなだめようとしていました。

叔父が母に電話をかけ、「帰ってきてくれ」って言うように促していました。

母が
「お父さん~帰ってきて~」
と、なんとも母らしくないネコナデ声で言っていたのが電話口から聞こえました。

「何?今の?気持ち悪!」
って思ってしまったのは何なんでしょうか?

「年金のため?
 お金のためなら、そういう声出すんだ」
って思ってしまったからなんでしょうか?

本当に父のことを思っていたのだったら、母には申し訳なかったなと思います。

結局父は、一日私の家で過ごし、夜に父の弟である叔父が家まで送り届けました。

それからはどうやら家出はしていないようです。

といっても、もう2年くらい、母からの電話を着信拒否しているので、今どうしているのかはわかりません。